ハーブテントとは?

ハーブテントはタイに古くから伝わる伝統療法です。 出産後の子宮の収縮を促して、産後の快復を促すのが目的だったそうですが、

現在では、ホルモンバランスの調整、呼吸器疾患、デトックス効果、冷え性の予防、皮膚改善、体内脂肪、花粉症、五十肩、冷え性改善、 産後のケアーなどハーブテントによる治療が行われています。

日本では、リラクゼーションの一環として、以下のようなことでお悩みの方にオススメです。

ダイエット、美肌効果、デトックス、冷え性の改善、肩こり・腰痛の改善、血行不良の改善、精神的疲労の回復

 

とにかく香りがよく、 香りを嗅ぐことはダイレクトに脳に、しかも動物脳といわれる大脳辺縁系に直に届く為、 リラックス効果を高めるにはハーブテントはとってもお勧めです。

また、定期的に続けていくことで、体質改善も期待できます。

 

 

心地よい温度なのに大量発汗ができます!
サウナ、よもぎ蒸しが苦手な方や生理中の方にもオススメです。

ハーブの蒸気でいっぱいになったテントの中に30分間入ってじんわり汗をかいて頂きます。

テント内の温度は、大体40℃前後と心地よい温度なので、
サウナや、よもぎ蒸しのような息苦しい暑さが苦手な方にもオススメです。

また、高濃度炭酸足湯との相乗効果で、30分間で岩盤浴2時間分の汗がかけると言われています。
普通運動をしたり、暑い時にかく汗は、汗腺から出る汗で、「ねたねたの汗」ですが、皮脂腺から出る汗は、「さらさらの汗」です。 30kmぐらい走ったりするとやっと出るもので普通ではかけない「さらさら汗」が、このハーブテントでは楽に出すことができます。

ハーブのエキスを蒸気とともに肌からしっかり吸収するので、テントを出た後はお肌スベスベです。
サラサラの汗がじんわり出てくる感じなので、シャワーの必要はなく、 ハーブのエキスをお肌にしっかり吸収させるためにも乾いたタオルで抑える程度がベストです。

 

 

世界でも品質に厳しいとされるオーストラリアの
オーガニックハーブを使用した「ホリスティカルハーブテント」は、当店が福岡県初の導入。

オーストラリアの豊かな大地で作られた
パワフルなのに優しいオーガニックハーブは
温めるだけでなく、

弱ったメンタルにも最適。
未来を「陽」に変えてくれる

そんな素晴らしい働きをしてくれます。

 

ホリスティカルハーブテントの「ホリスティカル」とは、ホリスティックから取った造語です。

ホリスティックとは・・・
全体論の、全体論的な、(局部ではなく)全身用の身体面だけでなく、精神や霊気などを含めた全体を治療の対象として捉える医療のこと。

「ホリスティック」は、「全体的な」という意味の言葉に由来するとされる。

西洋医学だけでなく、「祈り」などの霊的な手段も含めた様々な代替療法を取りいれ、
患者自身の生命力を引き出して治癒に結び付けることが目的とされている。(webio辞書より参照。)

 

 

目的に応じてブレンドされたハーブからお選び頂きます。

ホリスティカルハーブテントでは、心とカラダに働きかける『ホリスティックブレンド』4種類と、
ひとりひとりが持つ個性や体質を生かしながら、マインドも健康もバランスをとる『エレメントマトリックス』4種類の計8種類をご用意。

 

RELEASE(リリース)の効果は、「排出、手放し、未来への前進、物事をスムーズに進める」毒素の排出、腎臓&肝臓のデトックス、自己の解放と手放しがテーマ。柔らかい香りに包まれていますが5分もすれば 溢れんばかりの汗が出ます。発汗により代謝もアップされる一石二鳥なブレンド。このブレンドは 捨てたい思考や、ごちゃごちゃ考えてしまう人にもおススメです。出た後の爽快感は明るい未来が感じられるほど。未来への前進、物事をスムーズに進められそうです。   FEMI-IMMUNITHY(フェミーイミュニティー)は、「打ち勝つ、中心を整える、勇気を持つ、ポジティブシンキング、力強さ」腸内免疫&女性の免疫力UP 子宮強化と女性ホルモンバランスがテーマ。どちらかというと「強い女性」を彷彿させる、そんなブレンド。内側から みなぎるやる気が出たり、中心が整う感じがします。明るい気持ちになるので 気分が沈んでて。。。って方にもおすすめです。

 

CREATIVITY(クリエイティビティ)は、「創造力を高める・パフォーマンス性を発揮する、生み出す」先入観や思い込みを打破し、創造性を高め行動力を高めるがテーマ。   PROSPERITY(プロスピリティ)は、「成功、金運アップ、繁栄、豊かな気持ちを育てる」精神的&物質的な豊かさを呼び込み、大きく健やかで幸せになる成功をするように自己の成長を促すことがテーマ。このブレンドに入るだけで 入ったみなさんがそうなるとはかぎりませんが自身でも頑張り、そして天に委ね、さらにこのブレンドが「後押しをしてくれる。。。」そんなサポート的なブレンドだと思います。

 

   

 

   

 

 

 

使用するハーブのブレンダーご紹介

 

ナチュロパス なみ 担当/全ブレンド監修


オーストラリアではナチュロパス(自然療法士)をしています。
ナチュロパスとは日本語で自然療法士/代替療法師などと呼ばれ、メディカルハーブやホメオパシー、サプリメント、 生活&食事改善などで不具合の生じた体の自然治癒力を高め、本来の健康な体に戻すお手伝いをする仕事です。

2003年Academy of Natural Therapies にて
Advanced Diploma of Applied Science (Naturopathy)Advanced Diploma of Western Herbal Medicineの課程を修了。 卒業時にBest Homoeopathy Awardに選ばれる。 同年NSW州Southern Cross Universityに編入し、 約2年の大学生活を経て2005年Bachelor Degree of Natural Therapyを修了。 ATMS (Australian Traditional Medicine Society)の認定ナチュロパス。

日本では毛髪ミネラル検査を専門とする予防医学研究所に勤め、医療従事者、セラピストさん向けにセミナーを行う。 現在オーストラリアにてオンライン自然食品店Taiyo Health Online Storeの経営。 サプリメントや自然療法グッズ、オーガニック商品、エコグッズ等の販売をする傍ら、ナチュロパシーコンサルテーションやセミナー活動も展開。

 

 

霧の森の翠鳥 担当/Prosperity(繁栄・豊かさ)ブレンド監修


不思議な事が大好きというちょっと変わった子供時代。
10代前半から始めたタロット占い。 老若男女問わず相談を受けては占い続け、 鑑定人数は、10000人を超える。

癒しの術や心理を学び、 独学で実践していた魔法を使いながら活動を続けるが、 黒魔道師の師匠から多くの学びを得て、 世界を創る力には白とか黒とか関係ない…という結論に至る。

そして、現在。 霧の森の翠鳥として、 幸せな自分の世界を創ることが出来る。 誰もが幸せの可能性を持っている。 魔法は特別なものではなく日常に活かせるもの。 これらテーマに活動を続ける。

 

 

代替医療師Vanilla 担当/エレメントマトリックス監修


シンガポール在住。統合医療を提案する啓蒙家。

1999年、安保徹氏の免疫学に傾倒し、より包括的な視点での「健康とは何か」について教えるセルフケアのスクールをシンガポールにてスタート。 ホリスティックな視点で健康や美について綴るブログの公開読者は12,000人を超える。

西洋医学と代替医療、それぞれのメリットとデメリットを理解し、バランスのとれた治療の在り方を提案する。 幸せで、健康に生き抜くための知恵を伝える啓蒙家。

『健康とはサバイバル能力』

3児の母親であり、複数の会社を経営する経営者でもある。

 

 

 

ハーブテント後は、
「ハーブティー」をサービスしています。

 

 

ハーブテント後のオイルトリートメントは更にデトックス効果を高め、全身手技で疲れやコリを揉みほぐします

オイルマッサージ

ハーブテントで体を芯から温め、ハーブの薬効と香りによるリラックス効果で緊張が和らいだ体に 全身オイルトリートメントを行うことで、デトックス効果を更に高め、また、疲れやコリも揉みほぐしていきます。

ハーブの香りを生かすためにオイルは、無臭で未精製のホホバオイルを使用しています。 (なのでオイルトリートメントと表記します)

理由は、未精製の方が原料由来の栄養価が豊富だからです。
(精製済より少し刺激が強いかも知れません)

手技のジャンルは、スタッフがサロン勤め時代に培った「ボディケア」、「アロマトリートメント」や、 ハワイ留学で学んだ「スウェディッシュ」、「ロミロミ」をベースに、良いと思った(私が好きなものかも?)部分をミックスさせた、 日本人特有のガラパゴス式の手技になります。

 

<ハーブテントに関する注意事項>

※ハーブテントは、スチームサウナと同じ状態になるため、高血圧、心臓病、肺病、微熱など体に不調のある人にはあまりオススメできません。
※強めのハーブの効能 と香りがございますので、ご妊娠中の方にはハーブテントはお断りさせていただいております。
※授乳中の場合、経口摂取は好ましくないので、シャワーなどされてから授乳をされて下さい。
※発汗作用がすごいのでハーブテントに入っている時は、お渡しする水素水で水分補給をしっかり行なって下さい。

 

 

ページのトップへ戻る